知的財産権保護

Published: 2020-08-05 ソース: Funik

知的財産権保護制度は、科学、技術、文化の領域における権利者の知的成果の保護に力を入れており、知的財産権の保護は、世界中で貿易を展開する基盤であり、企業が経済のグローバル化に統合するための前提です。 独自の知的財産権を作成、使用、保護する一方で、正当な保護を受けるために他のすべての正当な知的財産権も十分に尊重します。

Funikは最初の特許出願に成功して以来、継続的な研究開発投入を通じて「知的財産権体」戦略を確立および実施し、知的財産管理システムを完備し、当社は合計340件の国特許を取得しています。

Funikは、特許ナビゲーションのパイロット企業として、2013年に国家知的財産権局が実施した特許ナビゲーションプロジェクトに参加し、当社の特許情報の活用と管理能力を強化する一方で、当社の技術革新と市場競争力を向上させます。

Funikは2016年に「企業知的財産権管理規範」認定を通過し、「河南省知的財産権優勢企業」の名誉称号を獲得しました。2017年には、19回目の「中国特許優秀賞」を受賞し、2019年には「国家知的財産権優位企」を受賞しました。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

前のページ: 政策・法規
次のページ: 品質保証

TOP