メタルボンドCBN砥石とアルミナ砥石の研削性能比較

Published: 2020-07-28 ソース: Funik

メタルボンドCBN砥石は、高強度・高靭性・高熱伝導・長使用寿命などの利点があり、焼結型メタルボンドは、ボンドの金属元素と合金の成分によって異なり、また銅基、コバルト基、チタン基、鉄基などの種類に分けられています。

銅基ボンドは、CBN砥石に硬度と脆性の両方を持たせることができます。工業技術の発展に伴い、コバルト基のボンドの使用が始まり、コバコバルト基のボンドには、高硬度、低焼結温度、優れた靭性、優れた耐摩耗性などの利点がありますが、コバルトには特定の毒性があります。世界保健機関が発行したリストでは、コバルトおよびコバルト化合物は2B発がん性物質に分類されているため、環境保護の観点から、コバルトを含まない高性能ボンドの研究に取り組んでいます。鉄基のボンドは、高性能砥粒の性能を生み出すことができ、コバルト基のボンドを置き換える特性を持ち、鉄は他の金属と合金を形成することにより、カーカスの性能を大幅に向上させ、ホットプレス焼結プロセスでは、鉄基のボンドの 緻密化の温度はコバルト基の温度よりも低く、これによりコストも節約できます。

メタルボンドCBN砥石は、作業中にCBN砥粒を長期間にわたって切削切れ味を保ち、CBN砥粒が破断すると、新たに小さな鋭い砥粒を形成し、CBN砥粒の切れ刃の密度は動的で安定したままで、砥石は鋭い状態に維持され、この現象は砥石の自生発刃能力であり、アルミナ砥粒の切れ味と性能指数はCBNよりも悪いため、メタルボンドCBN砥石の寿命は、アルミナ砥粒により形成された砥石よりも長くなります。

メタルボンドCBN砥石が工作物を高圧および高速で研削する場合、CBN砥粒とボンドの接合部のボンドが研削粉によって浸食されやすく、侵食されたボンドが研削粉に大きな存在空間を与え 、切削能力を大いに促進し、溝の深さと広さに伴って、より多くの切りくずを収容できます。 同時に、研削粉は砥石の自生発刃能力を持続的に行うことになります。 通常のアルミナ砥石中の砥粒はボンドで包まれているため、切りくず発生後に砥粒の脱落を引き起こします。

メタルボンドCBN砥石の作業中の砥粒は、工作物に対する切削力はアルミナ砥粒の切削力よりも大きく、切削深さはアルミナよりも大きいです;メタルボンドCBN砥石の切削力が大きく、切削の深さが大きい場合、切削断面全体も大きくなります;CBNの硬度値が大きく、CBNへの切りくずの摩耗も少ないため、CBN砥粒は良好な切れ味を維持でき、CBN砥粒は依然として切削状態にあります。相対的に言えば、アルミナ砥石の切りくず断面積が小さく、アルミナ砥粒の硬度が低く、アルミナ砥粒は鈍化状態にあり、切削の切れ味が消えます。

全体的に見れば、メタルボンドCBN砥石はアルミナ砥石よりも優れており、メタルボンドCBNには高強度、高耐摩耗性という利点がありますが、最大の欠点としての自生発刃能力をさらに改善する必要があることです。研究によると、セラミック、樹脂、グラファイトの各相をメタルボンド砥石に追加すると、メタルボンドCBN砥石の自生発刃能力が明らかに改善することがわかったため、ますます多くのメタルボンドと樹脂、セラミックの組み合わせは、性能を向上させるための最良の選択肢となっています。

 

TOP