カムシャフト加工におけるビトリファイドボンドCBN砥石の応用

Published: 2020-07-28 ソース: Funik

カムシャフトは自動車エンジンのキー部品であり、加工効率と品質は、部品のコストと使用寿命に大きく影響し、カムシャフトは、非円形の研削工作物であり、取代は大きく、研削が困難で、研削精度と効率に対する要求は非常に高く、加工は比較的難しく、カムの加工技術は業界で注目されています。

従来の技術でカムシャフトを研削するにおける技術難点は以下のようないくつかの点があります:(1)カムの輪郭精度は低く、改善は難しい。(2)カムシャフトは細いシャフト類の部品に属して剛性が低く、変形や曲げが容易であり、この工程変化は研削面の品質にも影響する。(3)カムの表面には火傷や割れなどの欠陥が生じやすく、生産性を高めるのは難しい。(4)カムシャフトの研削はさらに難しく、研削過程にカム表面の応力は異なり、研削振動が加わり、部品の表面に波状が現れ、カムシャフト加工の全体的な品質に影響を与える。

カムシャフト研磨の品質はCBN砥粒の品質によって決まり、カムシャフトには高強度の研磨が必要であり、CBN砥粒の研削は鋭利性が強く、熱安定性が優れ、耐久性が良く、その硬度と強度はいずれもカムシャフトの研削強度要求を満たすことができます。 ダイヤモンドは硬度が最も高く、加工工作物の表面に痕跡が残るため、高速度工具鋼やカムシャフトなどの精密研削加工に適応しません。

ビトリファイドボンドCBN研磨工具には、高い研削効率、良好な形状保持性、高い耐久性、容易な手入れ、高い砥粒の利用率、および長い砥石の使用寿命などの利点があるため、効率的で高精度な研削の最初の選択肢となり、 現在、カムシャフト加工に使用されているCBN砥石はすべてビトリファイドボンドを使用しています。

工業化国家の多くの自動車メーカーは、CBN砥石を使用してカムシャフトを研削し、CBN専用のCNCカムシャフト研削盤、高速で高性能のセラミックCBN砥石を採用する場合、研削盤には良い安定性と剛性が要求されるため、カムシャフトを研削するCBNホイールの振動波紋を低減することができます。フルCNC研削盤では、波紋の長さを0.7mm以下、波紋の深さを0.5μm以下に制御できます。ビトリファイドボンドCBN砥石の作動速度は120-160m / sに達することができ、砥石の修正間隔は通常の砥石の100倍に達し、砥石の寿命は通常の砥石の寿命の50倍以上に達し、加工効率、加工精度、および加工寿命が大幅に向上し、 全体的な生産コストを大幅に削減させることができます。

CBNの研削中に大量の研削熱が発生し、カムシャフトの放熱効果が悪いと工作物の過熱や変形が発生するため、CBNによるカムシャフトの加工中に冷却装置を追加し、冷却液を使って研削損傷が最小限に抑え、 加工面の品質要件を高めます。

カムシャフトの加工応用におけるCBN研削技術の応用は、精密研削により複雑なカムシャフトの研削要件を満たすことができ、研削精度と粗さを0.05mm以内に制御し、カムシャフトの全体的な研削 レベルは明らかに高くなっています。

したがって、カムシャフトを加工する場合、高硬度のCBN砥粒を選択してカムシャフトの研削困難の問題を解決し、加工効率、加工精度、および加工寿命が大幅に向上し、総合生産コストを大幅に削減させることできます。同時に、剛性と耐震性に優れた研削盤を選択し、研削で発生した波紋を効果的に低減し、加工過程では、補助冷却液を使用することにより、カムシャフトの熱拡散による熱変形や損傷を低減し、カムシャフトの高速高精度の研削を実現しています。

 

TOP