PCBN工具の加工に適した材質タイプ

Published: 2020-07-28 ソース: Funik

1.鋳鉄類

1.1ねずみ鋳鉄

それは主に、断口が灰色であり、基地中のフェライト含有量が5%以下のパーライトねずみ鋳鉄を指します。

1.2チルド鋳鉄および高硬度合金鋳鉄、鋳鋼、鍛鋼

主にクロムやニッケルなどの合金元素を一定量含有し、硬度が高い鋳鉄を指し、一般に鋳鉄ロール、鋳鋼ロール、鍛鋼ロール、半鋼ロールなどのロールに使用されます。

1.3白鋳鉄

主に断口が銀白色であり、基体にはより多くの遊離セメンタイトが含まれ、高い硬度(一般的にはHB500以上)を持っていますが、それは脆い性があ、農業用工具、粉砕ボール、石炭分砕機の部品、ショットブラスト機のブレード、泥ポンプの部品、砂型鋳造パイプ、チルトロールの外面などの耐摩耗部品として主に使用されます。

1.4耐摩耗性合金鋳鉄

主にマンガン(Mn)、リン(P)、ホウ素(B)、モリブデン(Mo)、クロム(Cr)、チタン((Ti)、銅(Cu)などの元素を含む耐摩耗性合金鋳鉄を指し、現在、自動車、トラクタ、工作機械製造業の耐摩耗性鋳物では、マンガン含有合金ダクタイル鋳鉄、リン含有合金鋳鉄、クロム銅モリブデン合金鋳鉄が多く使用されています。

1.5ダクタイル鋳鉄

主な理由は、ねずみ鋳鉄基体組織の中のグラファイトが球状であり、基体組織タイプがパーライトまたはQT700、QT800、QT900などのような焼き戻しされた高品質ダクタイル鋳鉄であることです。

2.焼入れ鋼類

主に焼入れ後にマルテンサイト組織を持ち、硬度がHRC45を超える鋼部品を指し、熱処理プロセスには、焼入れまたは浸炭(窒素)焼入れが含まれます。焼入れ鋼は、主に軸受鋼、ダイス鋼、工具鋼、浸炭鋼、マルテンサイト系ステンレス鋼などの難削材です。

注:ここでは焼入れ後のマルテンサイト系ステンレス鋼も焼入れ鋼に分類されます。

3.粉末冶金類

これは、金属粉末と金属粉末(または金属粉末と非金属粉末)を必要な比率で混合し、金型キャビティでプレス成形してから、焼結して精密に整えて、粉末冶金機械部品にするプロセスを指します。

注:ここでは主に鉄基の粉末冶金を指します。

4.高温合金類

これは、鉄、ニッケル、コバルトを基とした、600℃以上の高温下と一定の応力により長期にわたって機能する金属材料を指します。優れた高温強度、優れた耐酸化性および耐熱腐食性、優れた疲労性能、破壊靭性などの総合性能を備えており、「超合金」とも呼ばれ、主に航空宇宙およびエネルギー領域で使用されます。鉄基高温合金、ニッケル基高温合金、コバルト基高温合金を含みます。

5.その他のFunikのPCBN工具加工に適した材質タイプ

例えば、高マンガン鋼、硬質合金、その他の難削材などです。

 

TOP