ロール加工におけるPCBN工具の応用

Published: 2020-07-28 ソース: Funik

ロールは製鉄所の圧延機の最も重要な製造ツールであり、圧延製品を直接圧延して、圧延プロセスの基本工程である金属の塑性変形を完成します。製品の品質、生産量、経済的利益などと直接的な関係があり、これは、生産過程において非常に重要な要素です。 ロールの品質は、製品の機械的性能、寸法精度、形状、表面品質に直接影響します。その次、ロールの品質も生産量に直接影響し、たとえば、ロール交換の数が増えると、生産量が直接減少し、ロールの加工がより良く、より速くなることが特に重要です。

1.ロールの分類と硬さ

材質により、主に鋳鉄ロール、鋳鋼ロール、鍛鋼ロール、硬質合金ロールに分類され、その硬度を表1に示す通りです:

ロール材質

ロールタイプ

加工層硬度

鋳鉄

(無制限)チルド鋳鉄

HSD60-70

高ニッケルクロム

HSD75-85

高フェロクロム

HSD70-80

鋳鋼

高炭素セミスチール

HSD55-70

高クロム鋼

HSD70-78

高速度工具鋼

HSD80-88

鍛鋼

合金鍛造鋼(例:9Cr2Mo)

HSD92-105

硬質合金

炭化タングステン

HRA83-87

2.加工工具と加工パラメーターの選択

PCBN製品の性能の向上と促進に伴い、ロールを加工するためのPCBN工具を選択することが現実になりました。 PCBNチップは、セラミックチップよりも高硬度、耐摩耗性、衝撃強度、および耐破砕性を備えています。

①PCBNチップの特性は、ロールの硬さ、強度などの難加工の特性にマッチする。

②工作機械の安定性とパワー、切りくず生成能力は、しばしば切削パラメータを制限する要因である。 実践により、最も経済的な切削パラメーターは高送りと低切削速度であることが証明されている。

③送り量の選択は、切込み、刃のサイズ、厚さ、形状に関係がある。

④切削深さは、許容される場合にはなるべく大きな切削深さを選択するが、工具負荷のバランスに注意する必要がある。

⑤切削速度の選択は切削速度と(工具経路)切削経路、材料の硬度、強度に関係し、一般的に中低速を選択する。 工作物の回転速度が高くなると、工作物の構造の均一性や熱処理後の変形などの遠心力によって振動が発生し、加工誤差や工具寿命の低下につながる。

応用実践によると、Funik製のFBN製品は硬質合金ZK10UFの切削効率の2.38倍で、工具耐久性は4.5倍に向上することが分かりました。大型工作機械にとって、30分以内の頻繁な工具交換の場合、大量の工具交換時間が必要になり、生産効率に深刻な影響を与えます。切削パラメーターの設定は、工作機械の剛性、工作物の形状、工作物の材料、工具の構造、工具の材料、工具の幾何学的角度などのさまざまな要因に関連しており、適切な切削パラメーターを選択することは、ロールの正常な加工を保証する効果的な方法です。

 

TOP