省委員会の巡視弁主任袁永新氏はFunikを調査研究に臨席

Published: 2020-03-06 ソース: Funik

3月5日午後、省委員会巡視弁主任袁永新を巡視してFunik Ultrahard Material Co.,LTDにご臨席、企業の疫病状況の予防とコントロール、生産再開状況、企業にサービスを提供する巡回機構の状況について調査しました。焦作市紀律委員会書記、市委員会巡察活動指導チームリーダーの牛書軍、焦作市委員会巡察弁主任の王建中、武陟県委員会書記、県委員会巡察活動指導チームリーダーの秦迎軍、武陟県紀委書記、県委員会巡回作業指導チーム副リーダー、富能克首席サービス官の張海軍などが随行しました。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

Funik董事长の李和鑫は、当社の疫病防止とコントロール、生産再開と巡回機構、会社に対しる最高サービス責任者のサービスなどについて報告し、当社の開発プロセス、製品の種類、製品の応用領域を紹介しました。自主的な革新と産学研究の協力を通じて、Funikはいくつかのコア技術を打ち破り、超硬材料、超硬複合材料と革新的な超硬工具など、国内の高度および国際的な高度レベルに達した一連の製品を形成しました。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

袁永新一行は、当社の展示ホール、超硬工具製造センター、品質検査センターを順次訪れ、工場敷地内の防護施設を視察し、当社の生産経営と生産再開状況、そして疫病状況が会社の発展に与える衝撃と影響について詳しく理解しました。会社に対して高度に責任感のある態度で自己加圧、厳格な予防と管理、95%の従業員復帰率、国内外の注文が減少せず増加するなどの状況を高く評価しています。

袁永新氏は、企業は疫病の予防・管理と生産再開の両立を実現すべきであり、疫病の予防と管理の重要な時点であるほど、企業は厳しく管理し、監視・管理を強化し、従業員の健康と企業の安全運行を確保しなければならないことを同時に、機会をつかみ、市場を拡大し、さらに企業をより大きく、より強くする必要があることも指摘しました。 彼は企業を護衛して仕事を再開し、生産を再開するために武陟県の最高サービス責任者制度を使用することを完全に支持しました。

TOP