Funikは国家知的財産権優勢企業と承認

Published: 2020-02-17 ソース: Funik

河南省政府によると、2019年度に新たに承認された知的財産優位性模範企業のリストでは、Funik?Ultrahard?Material?Co.,LTDを含む32社が新たに国家知的財産優勢性企業として承認されました。

現在まで、河南省には102社の国家知的財産優位模範企業があり、2018年と比較して46%増加し、優位模範企業の育成は顕著な成果を収め、一部の企業が知的財産権を活用して市場競争力優位性を効果的に高め、実証主導の役割が徐々に現れてきました。

知的財産権保護制度は、科学、技術、文化の領域における権利者の知的成果の保護に力を入れており、知的財産権の保護は、世界規模で貿易を展開する基盤であり、企業が経済のグローバル化に統合するための前提です。独自の知的財産権を作成、使用、保護する一方で、Funikは正当な保護を受けるために他のすべての合法的な知的財産権を完全に尊重します。

Funikは最初の特許を成功に申請した後、継続的な研究開発投資を通じて、「知的財産権体」戦略を確立し、実施し、知的財産権管理システムを完備し、会社は累計で340件の国家特許を獲得しました。

 

TOP