県委員会の副書記、県長の申琳はFunikの疫病状況の予防・コントロールと生産再開の状況を調査研究

Published: 2020-02-15 ソース: Funik

2月14日午前、武陟県委員会の副書記、県長の申琳はFunik Ultrahard Material Co.,LTDを訪問して疫病状況の予防と生産再開状況を調査し、県産業集積区管理委員会の千宝星副主任が調査に参加しました。 会社の総経理の蔺華、副総経理の李麟が随行しました。

申琳一行は、会社展示ホール、超硬材料製造センター、超硬複合材料製造センター、超硬工具製造センター、品質検査センターを順次訪れ、会社の出入口、隔離室、従業員食堂、各職場の消毒殺菌施設を詳しく観察し、伝染病予防資料の準備、予防と管理策の具体的な実施、生産再開後の従業員と注文の状況について詳細に理解しました。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

蔺華は、会社の疫病予防および生産の再開について報告した。第一に、第一時間に新冠肺炎疫病予防コントロール指導チームを設立し、疫病予防コントロール業務方案と生産再開実施方案を制定しました。第二に、従業員の健康に注意を払い、毎日の報告システムを確立し、従業員の春節の休日のスケジュール、接触履歴と健康状態を把握し、WeChatグループを通じて従業員の疫病予防とコントロールの知識訓練と自己保護の宣伝を行います。第三に、集積地区管理委員会および科学技術局と積極的に協力し、生産再開の最初のバッチに向けて努力します。第四に、より多くの注文を確保するために、生産設備と原材料および補助材料の準備を行い、顧客とサプライヤーに生産の再開時間を通知します。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

申琳は、疫病予防とおよび生産の再開に関する会社の取り決めを十分に肯定し、深刻な疫病状況において会社の注文は減少せずに増加したことを高く評価しました。彼は会社に厳しく防止・制御し、監督を強化し、従業員の健康と企業の安全と安定を確保し、関連部門が関連関連郷鎮、村落コミュニティを積極的に調整し、企業の従業員が順調に出入りし、できるだけ早く仕事に戻り、注文配達を迅速化し、Funikをより速くそしてより早く促進するように指示しました。

 

TOP