河南省党委員会書記の王国生がFunikを調査研究に臨席

Published: 2019-08-15 ソース: Funik

8月14日、省党委員会の書記である王国生は調査のためにFunik超硬材料工業団地に臨席し、焦作市党委員会書記の王小平、市長徐衣顕、武陟県党委員会書記秦迎軍、県長申琳が同行して考察を行い、Funik董事長李和鑫総経理藘華、副総経理李麟が代表団に同行て参観しました。王国生は生産現場に入り、会社の知能生産ラインを視察しました。 また、会社の現在の状況、製品の使用、市場空間などについて深く理解しました。 

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

調査中、王国生は中米貿易摩擦が会社の事業売上に与える影響について真摯に尋ね、李和鑫董事長は次のように表明しました:超硬材料及び超硬工具は米国の関税引き上げ製品のカテゴリーに属しています。一部の海外の取引先は米国の関税引き上げのため、仕入れ価格の引き下げを要求していますが、長年にわたって蓄積されたブランドの優位性、技術的優位性、および強力な革新的なR&D能力によって、製品に高付加価値製品を備えており、製品への顧客の強い依存度を実現しました。中米貿易摩擦は、会社の全体的な製品売上にほとんど影響を与えません。中米貿易摩擦は挑戦でもチャンスであり、国内では米国製品のユーザーが生産コストを下げるために積極的に輸入の代替品を求め始めているため、Funikの販売拡大に新たな機会をもたらしています。

近年、会社は、長年の技術蓄積と高度な技術研究開発チームに依存し、産業界、大学、研究所間の協力を利用して、高性能窒化ホウ素多結晶複合材料と大口径ダイヤモンドPCD焼結体の技術革新を達成し、性能は同種の海外製品を追い抜くと同時に、コストは海外製品の5分の1に及ばず、製品の価格性能比は、海外のトップ500企業の製品よりもはるかに優れており、多数の代替輸入品に加えて、製品はヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国の市場の進出に成功しました。

王国生は中米貿易摩擦に対処する会社の能力とその技術的な研究開発能力に高い肯定と認可を与えました。その後、王国生は、会社の現在の業務の困難さについても詳しく理解して関心を寄せました。 彼は、Funikが引き続き自主的創造革新の力を高め、コアテクノロジーを掌握し、企業の製造からインテリジェントな製造への変革を促進することを励ましました。

Funik Ultrahard Material Co., Ltd.

Funikは引き続き革新研究開発能力を強化し、王国生の呼びかけに応えます:産業の背骨を担い、初心を忘れず、使命を心に銘記し、社会的責任を自らの責任として捉え、武陟県域の高品質な経済発展を推進するために企業力を貢献します。

TOP