Funikは国家の第1陣の専精特新「小巨人」の企業の名簿に入選

Published: 2019-05-23 ソース: Funik

22日の工信部ウェブサイトからのニュースによると、中央弁公庁、国務院弁公庁の「中小企業の健全な発展を促進するための指導意見」により提出された「突出の主要業務、強い競争力と良い成長性を備えた専精分特新の「小巨人」企業を育成する」という決定配置を一層徹底し、中小企業の専門化能力とレベルを促進および強化するために、さまざまな地方の中小企業当局が推奨する『専精特新「小巨人」企業育成事業展開に関する工業と情報化部弁公庁の通知』(工信庁企業函〔2018〕381号)の要件に従って、各省級中小企業主管部門の推薦、業界協会の限定的条件の論証、専門家グループの審査を経て、第一陣の専精特新「小巨人」企業名簿が公示され、その中にFunik Ultrahard Material Co.,LTDが入選されました。

関連記事

専精特新「小巨人」企業に入選する各指標:

1.経済的利益。前年度の企業の営業収入は1億元から4億元の間で、過去2年間で売上高または純利益の平均成長率は10%以上に達し、企業の資産負債比率は70%以下となっています。

2.専門家程度。3年以上特定の細分化市場従事している企業の売上高は3年以上に達し、その主要な事業収入は当企業の営業収入の70%以上を占めており、主主導的な製品はより高い知名度を有しており、細分化の市場シェアは国内最高または省のトップ3にあります(複数の主要製品がある場合、製品間に直接的な相関関係がある必要です)。

3.創新能力。過去2年間で、企業の研究開発費が業界の営業収入の最も高い割合を占めており、研究開発および関連技術革新活動に従事する科学的および技術的要員は、企業の全従業員数の15%以上を占め、少なくとも5つの主要製品に関連する発明特許、または15以上の実用新案特許および設計特許を取得します。過去2年間、企業は、関連するビジネス領域で少なくとも1つの国際標準、国内標準、または業界標準の設定(改訂)を主宰または参加しました。 企業は、企業は自主的な知的財産権の核心技術と科学技術の成果を持って、良好な科学技術の成果の転化の能力を備えます。企業は研究開発機関を設立し、技術革新タスクを完了するために必要な技術開発設備の条件や環境を持っています(技術研究院、企業技術センター、企業工程センター、院士専門家ワークステーション、博士後ワークステーションなどを設立)。

4.経営管理。企業は完備した精密管理方案を持っており、関連品質管理体系の認証を取得し、先進的な企業管理方式を採用しております。例えば、5 S管理、優れたパフォーマンス管理、ERP、CRM、SCMなどです。企業は体系的なブランド育成戦略を実施し、優れた業績を得て、独自のブランドを持ち、省級及び以上のブランド製品または有名な商標を取得しています。 企業の製品生産の実行基準は国際または国内の先進レベルに達す、または製品が先進国および地域の製品認証(国際標準化協会業界の認証)に合格する。企業は、標準化された顧客満足度評価メカニズムまたは製品トレーサビリティシステムを確立しています。

TOP